人気ブログランキング |

お母さん

10月11日の夕食時

突然の訃報だった。



母が夕食を喉に詰まらせて

亡くなった。




こんな形でやって来るとは想像していなかったけれど

近い将来

いつかは別れが訪れると覚悟はあったからか

意外と落ち着いて対処することができた。



母との確執があっても

やっぱり後悔したくないので

定期的に母に会いに行っていた。


最後に行ったのは9月6日。

ドラミちゃんと

うちに来ていたミニーちゃんとの3人で行った。



その日の母は

私の知る母の人生の中での

最高の笑顔で私たちを迎えてくれた!




また来てね・・・と言う母に

うん、また来るよ! 
お母さんのその笑顔が見たいから
また来るよ!


・・・と交わした言葉が最後だ!


本当にそう思った!




母が逝ってしまって

日にちが経てばたつほど

だんだん残念な気持ちが強くなってきた。



後悔と言う程ではないけれど

やはり軽い後悔かな!?






去年の夏ごろから認知症が進みはじめて

比較的 重度の認知症歴が短かったために

その前までは

私たち姉妹と母との間の1,2年間の確執期間を除けば

会話はよくしていたと思う。




通夜の時も告別式の時も

司会者のナレーションと思い出のスクリーンは

さみしさと悲しみをさらに膨らませて

少しの涙は誘ったが

比較的落ち着いて出棺の時を迎えた。





遺影を胸に抱えて霊柩車に乗るとき

年老いて 最近は 本当に小さくなっていた母を

初めて胸に抱いてあげたような気がして

本当は

生きている間にそうしてあげたら良かったと思った!







火葬の直前、最後のお別れの時に


姉がなくなって以来 ずっと母の面倒を見てくれていた姪が

きのう言った言葉を

思い出した。




どんな言葉かというと言うと


母は最期の最期まで

私が夫と上手くやってるだろうか・・・と

ずっと心配していたという。




5年前の姉が亡くなったと同時に発覚した私の夫の不祥事を

確かに当時 

母に話したことは何度かあるけれど

我が子を失くして失意のどん底にある母に

やはり娘である私の事で

更に心配をかけるわけにはいかなかったので

あまり多くの事を話してはいない。



その後 間もなく

入院して施設に移って行った母の口から

私が会いに行っても

私の事を心配しているような言葉は

ほとんど、いや一度も聞いたことがなかった!



しかし

私のいない所では声に出して

心配してくれていたんだ!




なぜ 

その言葉を私に直接言ってくれなかったのかは

わからない。


やはり 確執が後を引いていたのか・・・?




しかし

母はやっぱり母なのだ!

最期の最期まで心配してくれていた事を考えたら

涙が溢れてずっと止まらなくなってしまった!



早く知りたかった!

母の母親としての愛を知りたかった!



一般的には

子どもが親に対して 心で思っていても  

言葉で感謝や愛情を示すことは

苦手な場合が多いと思うのだけれど・・・。




母は最期の最期まで

私に対して

おそらく姉たちに対しても

愛情を素直に発信することはなかった!



だけど その不器用な裏側では

人一倍 心配していたのかもしれない!




おかあさん、ありがとう!  ありがとう!  ありがとう!

これから あちらの世界で

お父さんとM姉さんに再会できるよ!




葬儀が始まる前から

そして最後も

母が施設でよく口ずさんでいたという

無法松の一生が流された。


式が始まる前、後ろの方の親戚から

自然に口ずさむ声も聞こえて

なんて不思議な空気・・・でもって

その力強い曲が哀愁を呼ぶ・・・



・・・それは



去年 施設のクリスマス会で

曲こそ違うけれど

みんなで歌っている時の母の姿を思い出したから。



昔も

ご機嫌の良い時の母は

あのように歌を口ずさんでいた。




特にこの曲は

漁師の娘に生まれた母にとって

玄界灘の荒波や漁師の勇ましさを描く歌詞とメロディが

自身のおおよそ91年間の人生のストーリーと

重なったのかもしれないと思った。






これから先は

無法松の一生を耳にしたら

きっと母を想いだすに違いない!


心に残る曲が一つ増えた!


f0249710_08374853.jpg
f0249710_08380059.jpg

f0249710_08380894.jpg


f0249710_17120083.jpg






























by jattymama | 2014-10-14 23:02 | 心模様・感性・回想
<< ガーデンテーブルセット 今日の散歩にて >>