うっとりな散歩

カイズカを切っていて

散歩に行けなかった昨日の分まで

今日はジャッティーをゆっくりと散歩させてあげたくて

いつもより少し早めに家を出て

潮入の里まで車を走らせた。



昨日までの寒さはおさまって

今日は最高の日差しと暖かさだったので

人出もそこそこあったが、

夕方という事もあり

帰っていく家族連れや若者たちもたくさんいた。



ゆっくりと電源開発の方に向かって

歩いて行った。



普段の散歩では

ジャッティーに暫く臭いを嗅がせたり

ワンツー (排尿排便) をさせたりしたあとは、

さっさっ、さっさっと早歩きで散歩をするのだけれど

この場所はなぜか

そういう気持ちにさせてくれない。


特に今日の心地良さ、気持ち良さといったらなかった!
f0249710_0383537.jpg



気温湿度風のスピードが、

そしてれている人を含む風景全体

穏やかな気持ちにさせてくれる感じだ!


海藻か貝か何かを取っている親子や

2頭の犬を連れた老夫婦

滑り台で遊ぶ幼い兄弟

犬と一緒におやつを食べているカップル

子供とサッカーをしている親子

かくれんぼをしている一家・・・などなど


幸せを絵にしたようなこの風景があってこそ

感じることができる穏やかさだ!





ゆっくりと過ぎていく時間。




明日はまたジャッティーを

洞北ドッグランに連れて行きたいので

昨日から つい先程までは

お家の用事をいっぱいこなしていたのに

場所が変わるだけで

なんとリラックスできるのだろう!




日がだんだん傾いていく時間・・・



今は人手に渡り、当時の家もなくなってしまって

他の建物が建っているが

ここからは

私の生まれ育ったその場所がすぐ近くに見える。




この時間は潮が引いていた。


子供の頃

引き潮になったら

この中瀬まで歩いてきて
f0249710_0154186.jpg

ビーナやワカメを取ったり

岩のくぼみの潮だまりにいるドンコを捕まえたり

驚いたイソギンチャクが ピューッと水を出すのが面白くて

気持ちよさそうに開いているそれに

指を突っ込んだりして よく遊んだものだ!
                                    


                                    上から撮った海の中
f0249710_0261457.jpg

夏になると海水浴の人で賑わい

当時、まだクーラーの付いていなかったバスは

海水浴客でギュウギュウ詰めだった。


海の家のジュークボックスの音楽が

夜遅くまでなり響いていた!




蒸し暑い夜は

父のお手製の一畳ほどの大きさの涼み台を

皆でかかえて浜まで持っていき

スイカを食べたり花火をしたり

ウチワで虫を払いながら ただ涼んでいたり・・・。




砂浜に絵を描いたり 山を作ってトンネルを掘ったり

小学生の頃はスピッツのチロと毎日散歩をした。

あ、そうだ! 4年生ぐらいの頃

毎日毎日、砂浜を走る練習をした。

速くなりたかったわけではないけれど、

先生がおっしゃった事が本当かどうか

確かめたかっただけだ。
   

    6年生の速いお兄さんお姉さんの走り方をみてごらん。
    お尻を後ろに出すような格好で走っているから。
    そうしたら皆 速く走れるようになるよ。


毎日練習したら

なんと学年一速くなって

リレーにも 区の記録大会にも出るほどに

速くなったのだ!

砂浜という負荷も手伝ったかもしれない。




3年前に亡くなったM姉さんは

ボートに乗るのが好きで

よく一緒にボートに乗っていた記憶がある・・・




あ、いけない いけない!

こんなことを考えていたら

なんだかせつななってきた。


きっと

夕日が美しすぎるからだ!

f0249710_0365679.jpg



f0249710_0371596.jpg



f0249710_0373652.jpg


撮る場所を変えてもやっぱり美しい
明日も頑張れる気がする!
[PR]
by jattymama | 2013-04-13 23:30 | 散歩
<< 洞北緑地ドッグランにテレビカメラが アイビーゼラニウムのために >>